ロト6の当たる方法!買い方や当てるコツ公開!


スポンサードリンク

ロト6とは、1~43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」で2000年10月より全国で発売がスタートしました。。

ここでは多くの当選されたという方のホームページやブログなど1000以上をチェックし、さらにロト関連の雑誌、書籍をチェックし、どういう風な買い方をされているのか、私なりにデータを集めさせていただきましたので”まとめ”という方で掲載致します。

ちなみにロト6は1口200円で購入が可能で、抽選日は月・木曜日です。

当選番号をお知りになりたい方はみずほ銀行のホームページからご確認いただけます。

ロト6の買い方や確率などをお知りになりたい方はこちらからご確認下さい。
※リンク先はロト7の買い方になっておりますがロト7もロト6も買い方は同じです。

データー

さてここからは実際に私がお調べしたロト6の当て方についてですが、まず一等当選されたという方が見当たりませんでした。

二等を当選されたという方はこちらの方など、それなりにいらっしゃったので二等以下での情報収集ですのでご了承下さい。

まず当選をされたことのある方の多くは最低、週に一口は購入されているようです。

こういった宝くじといってもジャンボ、toto、ナンバーズなど種類もあるのでどれを購入されているかは人それぞれだとは思いますが、ロト6以外でも買い方などを研究していますが、あれこれと買わず、ご自分のお好きなものを継続的に購入されている方が多いですね。

また最も肝心なのが数字の選び方だとは思いますが、ここは男性と女性で多く開きがありました。

男性はどちらかというと良く出る数字、あまり出ない数字などを研究されている方の当選確率が高いように思いました。

やはり43個の数字は不思議と均等に出現しているわけではないので、良く出る数字を軸にして継続購入されていました。

逆に女性の場合は何となくの方が多く、色々と当選した方を調べていくと
クイックピック(コンピューターが自動で数字を選ぶ)で当選された方も意外に多かったです。


また買う金額ですが、私調べでは男性は一回に1000円(5口)が多く、女性は200円(1口)~400円(2口)が多かったです。

ただあくまで私が目にした情報からの判断になりますので必ずしも必勝法とは言えないと思いますが論理か感か、4等、5等の当選であれば確率から考えられるかもしれませんが、やはり1等、2等となると直感という要素や運と言う要素が組み合わさらないと当選はなかなか難しいのかもしれません。

しかしそれを言ってしまうと元も子もないわけですがジャンボの高額当選者の方は、とにかく風水であったり目に見えない不思議な力を信じている方が圧倒的に多いように思います。

そういったものは肯定派、否定派どちらもいらっしゃると思いますが一回買っただけで当たる方はいないでしょう。やはりある程度の継続力こそが運を引き寄せるのでしょうし、直感というのはそのことについてよく知り、力を傾けることで磨かれていくことだと思います。

仕事も勤務した初日から、その仕事の直感やヒラメキが持てるのではなく継続的な努力をしたり、長年の積み重ねが直感をもたらしてくれるものと思います。

世紀の大発明の直感もお金の直感も、直感であることに変わりはなく、誰しもが手にできる可能性を秘めていると思います。

 
スポンサードリンク


12345 (評価人数:13 平均評価:4.23 out of 5)
Loading ... Loading ...
この記事を評価なさってください。今後の良質の記事作成の参考にさせていただきます。
評価は5つある☆のいずれかをクリックいただければ結構です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*