宝くじの縦バラの売り場≪東京≫

性別:女性
年代:50代
購入場所:東京都東京都豊島区巣鴨の駅前
当選くじ:サマージャンボ宝くじ
当選金額:200万円
50代の女性の専業主婦です。宝くじに当選するのは今回で5回目になります。
5回といってもジャンボ宝くじを買えば、必ず当たる300円は当選回数に入れてません。

話を戻しますが毎回宝くじを買う時は、あまり期待をしていないのですが
死んだ父がいつも買っていたので、父の命日に買うと決めています。

父もくじ運は結構良い方だったので
くじ運に遺伝があるかどうか分かりませんが運を引き継いでるような…。

あとそんなくじ運の良い父が言っていたのは、毎日の心掛けが悪いと当たらないといつも言っていたので
宝くじを買う日はもちろん、日々の心掛けや気持ちの持ちようは気を付けていました。

今となっては他界したのでホント懐かしい思いがします。

購入場所は巣鴨の駅前でした。今回の当たりは巣鴨で買ったものでした。
婦人会の旅行に行ったついでに買ったものです。

買う場所は銀座が有名だそうですが、個人的には売り場ってそんなに重要かなと感じる部分があり
正直どこでもいいのではないかと思います。

銀座はたくさん売れるから当たりが多くなるだけで、確率的に差はないような…。
違っていたらすみません。

でもテレビの取材もあるし、見物目的で行ってみたいとは思っています。
200万円当選した際の買い方は縦バラです。

通常、バラで購入した場合は前後賞を狙うことは不可ですがが
「縦バラ」で買えば、前後賞を狙うことができます。

「縦バラ」というのは、同じユニットの組数と番号が連番になるようにバラを選んで買うことで
中身の宝くじが全て組と番号が連番になるようにする買い方のことです。

例えば縦バラ30枚を購入すると、次のようになります。

◎最初のバラ10枚:23組 109111、27組 117565、35組 123783・・・
◎次のバラ10枚:23組 109112、27組 117566、35組 123784・・・
◎最後のバラ10枚:23組 109113、27組 117567、35組 123785・・・

要するに10枚だけバラを買うと、単にバラバラの10枚が入っているわけですが
バラにも順番があって、続けてバラを買うと最初の10枚と次の10枚で続き番号を選ぶことができます。

「縦バラ」は前後賞を狙うために、通常30枚単位で買われる場合が多いようで
私も常に30枚買っています。


ただこの「縦バラ」の買い方は、どこでも可能かといえばそうじゃないようです。
私が買う巣鴨は対応してくれますが…。

一応普段買うところで確認してください。大きな売り場は大体対応してくれているみたいです。
ただ縦バラでなければいけないというわけではありません。

バラと連番どちらが自分に合っているか
どちらの方が当たりやすいと思っているかって個々に違うばずです。

その何となくこっちの方がいい、こっちの方が当たりやすい…という
その内なる声に素直に従うのが良さそうな気がしています。

スポンサードリンク

 

宝くじの保管場所は仏壇です。死んだ父の位牌の下においておきました。
置いておいただけで、他に何もしていません。

また父の話になりますが、父は1000万を当てたことがありますが
常に言っているのは何も欲を出さないのが当たる秘訣だと言ってました。

お金は追えば追うほど逃げていくから、買えたことに感謝し特に意識することなく生活しなさいと…。

ですのでお守り代わりに買うくらいの気持ちでいいんじゃないでしょうか。
頑張ったから当たるものでもなければ
頑張らなかったからといって当たらないものではないでしょうからね。

あと気を付けていることは家の掃除もきちんとしているし、お掃除ば大事です。

風水では部屋の掃除や水周りをキレイにというのは当たり前ですものね。

福の神が汚いと福の神が逃げていってしまいますから
汚い部屋に住んでいる人には当選の見込みは少ないでしょうね。いわゆる断捨離と同じです。

200万円当たった際は死んだ父に報告しました。
父も天国で喜んでいるででしょう。仏様はいますよ。
今の若い人はばれなければ悪いことをしてもいいって思っているけど
きっとバチが当たる、そういう力は地球にはあるんです。少しの善行も大事ですよ。
スポンサードリンク


12345 (評価人数:6 平均評価:3.50 out of 5)
Loading ... Loading ...
この記事を評価なさってください。今後の良質の記事作成の参考にさせていただきます。
評価は5つある☆のいずれかをクリックいただければ結構です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*