宝くじのスクラッチ当たった体験談!

性別:女性
年代:30代
購入場所:春日井市如意申町 煙草屋(安藤)※現在は閉店
当選くじ:宝くじスクラッチ
今回は30代の女性から宝くじ(スクラッチ)の当選報告をいただいたのでご紹介させていただきます。

営業の仕事をしていたのですが、会社に入社して間もなく
先輩に誘われて持ち金も少なかったので断りたかったのですが
入社仕立てで、とても可愛がってくれていたので宝くじの購入に際し断ることが出来ず
月一度の土曜日出勤の日に継続してスクラッチの宝くじを買うようになりました。

当選した日は5月の土曜日でした。天気は快晴だったと思います。

いつもより少しだけ遅い出勤で、7時40分に自宅を出るために7時に起床して
朝食は毎日とらないので、その日も食べず身支度の準備をしました。

持ち金を普段から多く持たないので
昼食代の1,000円とスクラッチ購入代金の2,000円を財布に入れて車で出発しました。
スポンサードリンク

スクラッチ用のお金は洋服ダンスの中段んに白い封筒に入れて
薄い緑の綿の生地で龍の絵が刺繍された長財布のような形のお札しか入らない、財布のような物に保管。

その日は土曜日なので仕事が特別出勤の人のみなので、いつもとは違う駐車場に駐車しました。

向きは車の頭が西向き、お尻が東向きです。特に意識してこの向きにしたわけではありません。
いつものように午前は得意先周りの仕事をして
昼食をとってから北の門を通ってスクラッチの売っているタバコ屋さんに向かいました。

毎回、先輩がスクラッチを購入している間に、私はコーヒーを自販機で買って
先輩が終わると私が購入していました。

この時も同じです。2,000円分を購入しました。

スクラッチを削るのは、先輩の指示に従いいつもその場で削っていましたので
この日もその場で10円で削りました。

いつもは100円玉で削っていましたが、この日は10円玉しかなかったので10円玉を使用しました。

すると、なんと100万円が当選。先輩もびっくりで
私より宝くじに積極的な先輩を差し置いて私が高額当選したので、嬉しいよりも気まずい感じ。

もちろん、それからは飲みに行っても私の奢り。まだ入社してそんなに期間の経っていない新人が
奢ることに疑問がありましたが
先輩がいたから当てることができたんだと、自分に言い聞かせ。結局ほぼ飲み代に消えました。

そこのタバコ屋さんでは100万円以上の当選は初めてだったららしく
タバコ屋のおばちゃんと写真を撮ったりしました。

でも宝くじで数千円も当たったことがなかったし、スクラッチ宝くじなんて
ホントに当たりあるの?っていうレベルだったので
信じられませんでしたが、なかなかあの衝撃は忘れられませんね。

しかしジャンボ宝くじやロト6、ロト7など色々と買いましたが、それ以降当たらず。
所詮この程度のくじ運なのかな…。

まぁこれからも少額ではありますが、買い続けようと思います。
スポンサードリンク


12345 (評価人数:4 平均評価:4.25 out of 5)
Loading ... Loading ...
この記事を評価なさってください。今後の良質の記事作成の参考にさせていただきます。
評価は5つある☆のいずれかをクリックいただければ結構です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*