宝くじ当選者2014年!

宝くじ2014
※私が一億円当選させた方法はこちら

 
宝くじについて、税金がかかると思っている方もいます。
その理論の一つに一時所得というものがあります。

一時所得は、懸賞金や競馬・競輪などの払戻金に対するものになります。
少し難しい計算方法になりますが、それらには税金がかかってきます。
確定申告の必要性があります。
特に高額予想が当たったことがある方は注意してください。
具体的には、懸賞金や競馬の払戻金から、
それらを取得するのにかかった費用をマイナスした金額に税金がかかるというものです。
ですので、当たったモノ、そのものに税金がかかるわけではありません。
近年に競馬の払戻金について少し話題になったので、
記憶している方も多いでしょう。
はずれ馬券も経費に含まれるのか、といったことが裁判になった事がありました。
ちなみに、はずれ馬券も経費と認められるとの判決が出ました。
利益分にのみ納税義務があるとの判決が示されたわけです。

スポンサードリンク


ちなみに特別控除額というものが設定されています。
その金額は50万円になります。
ですから、仮に懸賞金といったものや競馬の払戻金について50万円以下の場合は、
税金はかからないです。

一方で、宝くじは一時所得といったものにはなりません。
そもそも当選金は非課税です。
100円当たろうと1,000万円当たろうと税金は1円も発生しません。
当たった金額がそのまま自分のものになります。
だからこそ、これだけ人気になっているという考え方もできます。

また、サッカーくじであるTOTOについても同じく税金はかかりません。


12345 (評価人数:7 平均評価:2.71 out of 5)
Loading ... Loading ...
この記事を評価なさってください。今後の良質の記事作成の参考にさせていただきます。
評価は5つある☆のいずれかをクリックいただければ結構です。


このエントリーをはてなブックマークに追加